安産鍼灸

安産 鍼灸

妊娠16週を過ぎたら安産鍼灸

 母体に鍼とお灸をすることで妊娠中のマイナートラブル(浮腫、腰痛、疲れやすさなど)を軽減させ、出産に備えた身体を作っていきます。

母胎の骨盤内腔血の流量が増えることで赤ちゃんにも栄養がしっかりと行き渡り先天的な元気が付いていきます。

 

刺激の少ない優しく安全な鍼灸治療ですので安心して受けていただくことができます。

また、ご自宅でも毎日お灸をすることで産後の肥立ちも良くなります。

 

※主治医の先生から鍼灸治療受診の許可を頂いて下さい。