不妊症について


不妊症とは、男女が妊娠を希望し避妊することなく通常の性交渉を一年以上継続的に行っているにもかかわらず妊娠の成立をみない場合をいう


不妊治療を始めるにあたって

 近年では全夫婦の約10パーセントが不妊症だといわれています。不妊症で悩んでいる人は身近に意外と多いのですが、デリケートな問題のため他人に相談しにくいというかたが未だに多くいます。

 

不妊治療を始めるには様々な壁があります。

・不妊専門病院に行くことに抵抗がある

・保険適用でないことが多く経済的に負担が多いのに、沢山お金をかけたからといって妊娠するとは限らない

・女性には生殖年齢というものがある

etc...

 

 子供を作るためには、卵子と精子が必要です。卵子は胎児の時点ですでに一生分作られます。個人差はありますがその数約200万個。出生後は原子卵胞という形でしばらく眠りに入りますが、思春期までに約20万個~30万個まで減少するといわれています。思春期になると毎月何十個もの卵胞が目を覚まし、成熟した一個の卵子だけが排卵して他は消えていきます。そして40代後半になるとほとんどの卵胞がなくなり閉経を迎えます。つまり、出生以降卵巣は卵胞を保管しておく場所にすぎず、卵子が作られることは無いのです。   

 不妊治療をされている方なら【卵子の質】という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。30歳くらいまでは卵子の質が保たれるといわれていますが、30歳を過ぎたあたりから徐々に質の低下があらわれ始め、35歳くらいから急激に下がります。そして卵子の質の低下とともに妊娠率も下がっていきます。

一方、精子は毎日作られ、ホルモンの刺激を受けて約80日で射精可能な状態になります。

 

毎日作られる精子に対し女性は卵子を消費していく。つまり、女性には妊娠できるリミットがあるのです。

 

女性の社会進出に伴い結婚出産年齢が上がっていき、30歳を過ぎてから妊娠を望まれる方が増えてきています。しかしその頃にはもうすでに卵子の質の低下は始まっているのです。

子宝治療で鍼灸を受けに来るかたは妊活をするまで卵子の質の低下や妊娠率のについて知らなかったかたが多く、「まさか自分が不妊治療をするとは思わなかった」「もっと早くから子作りをはじめていればよかった」とおっしゃいます。

ではそこで諦めてしまいますか?答えはNOですよね。卵子の質が低下していくのであれば改善させていけば良いのです。

質の良い食事や睡眠をとることは基本的なことですね。

体質改善には様々なやり方がありますが、一度に多くの事をしようとせず出来ることから始めていくことが無理なく続けられるのではないでしょうか。

 

鍼灸の役割と効果

 そしてここからが鍼灸施術の出番です。鍼灸で身体の気血の巡りを改善させることで身体のバランスを整えていきます。

気血の配分がきちんとされることで子宮や卵巣へ栄養が行き届き、子宮内環境が改善され卵子の質も向上することが期待されます。

つまり、鍼灸で妊娠しやすい身体にしていくのです。

器質的な問題が無い方でしたら鍼灸施術を受けて妊娠される方は大勢います。日頃の生活習慣の改善とともに鍼灸施術で体質改善をしていけば治療効果も上がっていきます。

 

子宝治療において女性は精神的肉体的負担がかなり大きいです。悩みすぎたり不安な気持ちでいっぱいになると気が停滞し巡らなくなります。

気の巡りも子宝治療において大切な治療法の一つだと考えています。


不妊症は病気ではありません。ですが治療には根気がいります。集中して治療を続けて身体を整えていけばきっと赤ちゃんを授かることが出来と信じています。


女性限定鍼灸サロンnatural green planet

栃木県宇都宮市桜2丁目

営業時間 9:00-20:00 

最終受付 18:00

アクセス

宇都宮線/宇都宮駅西口 

バス約15分:文星女子高入り口 徒歩約3分

細谷車庫行き 日光東照宮行き 今市車庫行き

ロマンチック村行き 山王団地行き 石那田行き

 

東武宇都宮線/東武宇都宮駅 徒歩約24分

 

駐車場 有